新北投で温泉体験

DSC_0439.jpg
新北投は、台北市中心部からMRTで約30分という近距離にある、陽名山の麓に広がる温泉街。
1893年にドイツ人によって温泉が発見され、日本統治時代には日本の温泉文化が流入、一時は廃れたものの台湾有数の湯治場として発展した歴史を持つ温泉リゾートです。
その立地の良さからか、私が訪れた日も、北投温泉の歴史と温泉を日帰りで楽しむお客さんがたくさん来ていました。

MRT淡水信義線の北投駅で一旦降りて、すぐ隣駅である新北投駅行きの支線に乗り換えます。
これって・・・そう。西武池袋線の練馬駅で乗り換える、としまえん行き電車と一緒ではありませんか。
新北投行き電車は車両も短く、北投温泉の紹介ビデオが流れていたり、風呂桶を持ったくまモンみたいなキャラクター人形が置かれていたり、まさに観光電車です。
そして新北投駅を降りると、温泉ホテルのビルが林立する、どこか熱海のような温泉街の風景が広がっていました。

改札のすぐ横の公園には、かつての木造の旧駅舎と列車の車両が展示されています。
戦前は、観光客や湯治目的の軍人さんたちが、台湾鉄道に乗ってここに来ていたんですね。
北投公園沿いに歩いていくと、緩い坂道、山の上に続く細く急な階段、といった温泉地には欠かせないおなじみの風景を見ることができます。

レンガ建築でステンドグラスが美しい「北投温泉博物館」は、1913年に落成したかつての「北投温泉公共浴場」。入場料は無料です。
内部は、大浴場や小浴場のほか、畳敷きの宴会場や外の風に当たって涼むことができる外廊下があったりと、松山の道後温泉を思わせる設計です。北投温泉の歴史のみならず、地質学的な展示もあり、様々な角度から学ぶことができます。

博物館から先に進むと、「瀧乃湯」があります。
なんと100年以上前に建てられた老舗の浴場、入浴料は一人150元。
周辺ホテルの大浴場の入浴料が1500元以上する中で破格のお値段、ここしかないでしょ!と思い、台湾の温泉に初チャレンジしました。
DSC_0467.jpg
この入口のところに番台(?)があり、そこで入浴料を払うとロッカーのカギをくれます。
男女それぞれの暖簾をくぐって靴を脱いだら、もうその先はお風呂。そもそもMAX30人くらいのお風呂なので脱衣所は狭く、化粧台も洗面台もありません。素早く入浴の支度をしてロッカーに荷物を押し込んだら、浴場にGO!

全体にごつごつした石造りで、浴槽が手前にあり、奥の洗い場には蛇口が3つしかありません。お互いに譲り合って使います。
浴槽は広いのと狭いのがあって、最初広い方に入ろうとしたのですが、・・・熱い。マジ熱くて、肩まで浸かれない。
すると、先に入っていたベテランと思しきお姉さまが私に何ごとか教えてくれて、そこで初めてお湯の温度計を見ると、46℃以上じゃありませんか。
で、「まずはあっちの狭い方のお湯にしなさいよ」とたぶん言ってくれて、そちらの方は43℃です。
ガイドブックには「レトロ感満載の浴槽に体を沈めれば、風情ある雰囲気が楽しめる」なんて書いてあったけれど、熱すぎてそれどころじゃありません。
周りのお姉さま方を見てみると、お湯に浸かっては、上がって水を飲み、少し休んでまた入るのを繰り返すという感じ。
結局、初心者の私は、主に43℃の方に入ってゆっくりさせてもらい、あまり長居せずに出ることにしました。

それにしても、台湾の人たちはとても親切です。ちょっと困っているとすぐに声をかけてくれて、言葉がわからなくても一生懸命コミュニケーションを取ろうとしてくれます。

最後に、北投温泉の源泉のひとつである「地熱谷」に向かいました。
美しいエメラルドグリーンの池は湯気で煙っており、ここが火山であることを実感。
売店では温泉たまごを売っていたりして、まるで箱根の大涌谷(スケールは違うけど)。池の周りの遊歩道は、人でいっぱいでした。
DSC_0477.JPG
新北投、日本の温泉を彷彿とさせる温泉リゾートでした!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント