コロナの春、外出自粛の日々

DSC_0430.JPG

いつの間にか散ってしまった今年の桜。
新型コロナウィルスのせいで、世の中はすっかり変わってしまいました。

「外出を控える」がいったいどんなことなのか、実際にやってみるまではわからなかった。
私は去年末で会社勤めを辞めてしまったのでハウスキーピングに徹することができますが、もし続けていたらどうなっていたでしょうか。
共働きの皆さん、特に学童期のお子さんのいらっしゃる方のご苦労を想像すると、本当に頭が下がります。

緊急事態宣言に基づく行動制限がスタートしてから、平日休日関係なく家族4人が一日中自宅内にいる状態が始まり、2週間が経過しました。以前に比べると、だんだん生活リズムができてきたように思います。
以下、書き留めておきます。

夫はリモートワーク、大学生長男は大学の授業とバイトとネットフリックスのドラマ鑑賞、大学生なりたての長女は買ってもらった新しいスマホでユーチューブ、そして授業履修に四苦八苦です。
みんなノートPCやスマホを使って作業をしています。

朝は出勤していた時と同じ時間に起床し、朝食を食べ、簡単に掃除をします。
9時半に近くスーパーが開店するので、1日分の買い物をしてしまいます。夕方に行けば安売りがありますが、朝一で行く方が空いているのです。
子供たちは朝起きてこないことがほとんどですが、昼食と夕食は4人揃っていただきます。したがって、食材や日用品の買い物は確実に増えています。

自粛開始当初は、暇な時間にケーキやパンを焼いたりしていましたが、家から出られず運動ができないこの環境下では相当ヤバイと気がついて、むやみに作ることはやめました。また、ダブルガーゼでオリジナルマスクも作りましたが、あまり外出しなくなったので使う機会がなく、必要以上に作ることはやめました。
録画したTVドラマを見たり、本を読んだり、語学の自習を進めたりしているうちに、1日が終わります。

主婦は食材の買い出しのために、1日1回は大手を振って外出できるというところが、恵まれていますね。
休日にも同じように買い出し行くと、ご夫婦でいらしている方が多い。多分、旦那さまも息抜きに買い物がしたいんでしょうね。
気持ちはわかりますけど、混むからどっちか一人で来てほしい。。。

スーパーの店員さんたちには、本当に感謝です。毎日お店を開けてくださって、ありがとう。
今、病院でこの厄介な感染症と対峙している医療機関の皆さんにも感謝です。

一日も早く終息しますように。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント