中国語を学びたい!① 学校選びとレベルテスト

50代のおばさんだけど、台湾に来たら語学を学んでみたい。 台湾で暮らそうと決心した理由の一つは、中国語の学習。実は、中国語を自分の「売り」にして老後にもうひと花咲かせたい、というのが筆者の秘めたる野望。 ここでついに!その第1歩を踏み出すことにしました。 中国語に関心を持ち始めたのは、8年前、「2020年オリンピック・パラリンピック」が東京で開催されることが決まったときでした。「開催まであと7年。これだけ時間があれば中国語をマスターできるだろう、そうすればボランティアとして重宝されるはず。ウキキ」 自分に甘いこの性格を顧みず、何ておバカな妄想だろうと今なら素直に思えますが、当時は東京オリンピック開催に頭も沸いちゃってたんですね。英語もろくすぽ上達しなかったくせに、仕事と家事をしながらまったく未知の語学を学ぼうなんて、覚悟が足りな過ぎました。当然、日々の暮らしに追われて、まったく手つかずになっていたのです。 それが1年半前、降ってわいた夫の台湾への転勤話で、中国語と再びご縁を結ぶきっかけができました。 日本にいる時から、一応準備はしてきました。会社を退職し、「HAO中国語アカデミー」に通い始め、「華語文能力測験(TOCFL)」も受験してレベル2(基礎級)に合格。まだまだ初級レベルですけどね、我ながらがんばったと思います。 ****** さて、台湾に来て改めてどこに通おうかと、いろいろ調べることに。台北市内には外国人向けの語学学校がいくつもあって、日本人駐在員の奥様も通っている方が多い…

続きを読む