九份に行くはずが・・・列車を乗り間違えて大変なことに。

台湾では、4月2日(金)から4連休。台北旅行の定番である九份にまだ行ったことがなかった筆者は、直前になって1泊2日の小旅行を計画、宿だけは取れたのですが、往復の列車は予約で満杯でした。とはいえ台北駅から瑞芳を経由して九份までは全部で1時間半くらいの近距離なので、在来線各駅停車を使ってのんびり行こうと考えていたのでした。 当日朝、台北駅に着くと、コンコースは旅行に出発しようという旅行客でいっぱいです。瑞芳駅までの乗車券を買い、ホームに行くと、きれいな列車が停まっていたので、そのまま乗り込んでしまいました。特急かもしれないとは思いましたが、自由席があるかもしれない、なかったら途中駅で降りればいいやと思い込んでいたのです。 ところがそれは、花蓮行きの超特急「普悠馬号」でした。全席指定でもちろん満席、終点花蓮駅まで2時間で走るノンストップの特急だったのです。それに気がついた時には、すでに時遅し。結局、車掌さんに事情を話して追加料金を払い、花蓮までは立ちっぱなしで行くことになりました。 降りるはずの瑞芳をあっけなく通過し(この時は虚しさを感じました)、列車は台湾の東海岸をどんどん南下していきます。花蓮まではあと30分ほどで着いてしまうはずでした。 ところが。 停車するはずのない和平駅で臨時停車し、そのまま待機状態になってしまいました。そう、つい1時間前に、この「普悠馬号」より先に同じルートを走っていた「太魯閣号」が、この先の清水トンネルで脱線事故を起こしてしまっていたのです。事故で下り線のトンネル…

続きを読む