日本で新型コロナ再々々拡大、、、

毎日NHKワールドプレミアムを見ているんですが、大阪の1日の新規感染者数は1000人台が続き、東京も早晩感染爆発を迎えるであろうことがわかる状況になってしまいました。
変異株による第4波の到来です。
日本で暮らす家族たち、友人たちのことが本当に心配です。

幸いなことに、今のところ台湾は安全です。
健康福利部が毎日発表している感染状況によると、1日あたりの新規感染者数はひとケタで推移、累計1,070例、死亡者11人(2021/4/16現在)とのこと。
事例はナンバリング管理され感染経路も把握されており、最近の新規感染者のほとんどは海外からの入境者に限られているので、新型コロナは当局のコントロール下にあると言ってよいでしょう。
なので、台湾に暮らす人々は、学校も飲食もイベントも国内旅行も、マスク着用や検温・消毒さえ守れば特段の制限なく活動できます。人気店の前の行列とか繁華街の人通りを見ていると、現在は国内経済だけでヒト・モノ・カネが回っていることを実感します。

FB_IMG_1618561632072.jpg

しかし、現在台湾はビザの発行を制限しているので、観光目的による海外との往来はできません。
台湾に住んでいる日本人、あるいは日本に住んでいる台湾人が自由に帰省することですら、とても難しくなっています。あの隔離制限措置は、行動の自由もさることながらとてもお金がかかります。
小さな島国である台湾にとって、旅行等の人の往来でもたらされたはずの収入が減ってしまったことは、少なくない打撃だっただろうと想像します。
つまり、新型コロナウィルスは、いくら自国だけ健康でもダメなのです。

1611915514735.jpg
感染症というのは、社会に存在する格差や不公平な現実や、各国政府のガバナンスや行政遂行能力を照らし出しました。
世界中が、同時期に同じ感染症と闘うことになったことで、日本の対応が世界の国々と比べてどんなレベルにあるのか、しっかり可視化されてしまったように思います。

筆者の個人的な見解ですが、日本は新型コロナの感染抑制に成功してはいないが、致命的な失敗による大惨事にも至っていない、というレベルだと思います。けれどその中で、日本の有事対応能力は日本人自身が考えていたほど高くなかった、ということもわかってしまいました。

システムによる感染状況の情報一元化を謳いながら、実はうまくいってなくてFAXで送らせ手で集計していたことが後からわかったり。
防疫効果が相対的に低い布製マスクを「ないよりまし」と配ったはいいが、発注そのものに利権のにおいがプンプンしたり。
感染が収束したわけでもないのに、政府が助成金を付けてGO TOキャンペーンを打って、新しい感染の波をさらに増幅させてしまったり。
自国でワクチン開発はできず、やっと始まったワクチンの接種も、とてもスピーディとは言えない状況だったり。

有事対応は、その場その場での小さな判断の積み重ねで、当然失敗も多くあるはずですが、トライ&エラーを繰り返して、致命的な大きな失敗を回避していくしかありません。
したがって、常に調査、検証、評価、改善を繰り返すことが重要で、失敗を認めず強行したり、情報を隠したり、あまつさえ嘘で誤魔化したりすることは、絶対にやってはいけないことでしょう。
この「失敗を認めること」は、我々日本人にとって本当に苦手なことのように見えます。乗り越えなくてはいけない大きな壁ですね。

100年前の「スペイン風邪」の流行は、収束まで3年かかったとも言われています。
新型コロナについても、制圧するまでには、まだまだ時間がかかるのではないかと予想しています。
一部の人たちが健康を確保するだけでは収束したことにはなりません。世界中すべての地域、すべての人々が安全な状態にならない限り、収束したとは言えないでしょう。

感染症は、我々の団結力と叡智を試しているように感じられます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント