やっぱり書店が好き

DSC_0604 (2).JPG
世の中で一番好きな場所は?と聞かれれば、ためらいなく書店。何時間居ても飽きません。
本を買うならアマゾン・ドットコムの方が便利なんですが、できれば手に取って、見て、迷って、買って、重たい思いをして持ち帰りたい。
本に囲まれていること自体が幸せなんですね。

例えば東京で好きな書店は、神田神保町の「三省堂書店本店」、東京駅八重洲口の「八重洲ブックセンター」、丸の内オアゾの「丸善」、池袋の「ジュンク堂」など、どかーんとビル1棟まるごと本だけ!っていう。
ああ、懐かしいなあ。

ここ台湾で日本語の書籍が読みたくなったら、台北市内には日系の大型書店が2つあります。
よく行くのは忠孝復興駅の微風廣場にある「紀伊國屋書店」。売り場面積の1/4くらいが日本からの輸入された日本語書籍で、雑誌も豊富。書棚になくてもネットで取り寄せもできるので便利です。
もうひとつは「ジュンク堂」で忠孝敦化駅の明曜デパートの中にあります。紀伊國屋書店ほど広くないのですが、コミックは充実。書籍の販売価格が、為替レートによって変動するところがユニークです。

両方とも、海外店舗の割には相応の蔵書数はあるし、なくてはならない書店ではあるのですが・・・。
でも、どうしてもあの「書籍に囲まれている感じ」「どっぷり浸かっている感じ」を味わいたい!
そんな時は、地元資本の大きな書店「誠品書店」に行きます。

「誠品グループ」は、今や台湾カルチャーの発信基地みたいな場所。
誠品書店も、店内は広くスタイリッシュで、何よりこれでもかっていうほど書籍が並んでいます。
DSC_0487.JPG
もちろん、ほとんどが繁体字の中国語で書かれている書籍です。文字ばかりの本は、開いて見ても、書いてあることはほとんどわからないんですが、料理本やエッセイコミックみたいな本は何となく書いてあることがわかって楽しいですね。

あと、海外書籍の翻訳本が多いです。
日本の書籍も、文学、ミステリーから、写真のような政治や歴史書、ビジネス・ハウツーもの、児童向け読み物まで、多くの書籍が翻訳されていました。あの組織論の名著「失敗の本質-日本軍の組織論的研究」が、「失敗的本質」というタイトルで書棚に並んでいるのを見たときは、ちょっと驚きました。
他にも結構マニアックな本が翻訳されていたりして、こんなに多くの日本の文学や言論が、ごく当たり前のように中国語に翻訳され、紹介されていたとは知りませんでした。

英語圏の本の翻訳本だと、作者も漢字表記ですので、ウィリアム・シェークスピアは「威廉・莎士比亞」、カズオ・イシグロに至っては「石黒一雄」となっていて日本の作家みたい。

ここにある本が少しずつでも読めるようになったら、もっと楽しいだろうなあと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント