台北の地下鉄MRT(捷運)に乗ってみた

Screenshot_20210208-095406.png
新型コロナの検疫期間(14日間の隔離+7日間の健康観察)すべてが終了し、やっと公共交通機関に乗れるようになりました。
折しも日曜日、天候は晴れ。
これまで行けなかった、少し遠くの観光スポットに出かけてみることにしました。

台北散策に便利なのは、市内を縦横に走る地下鉄「MRT」です。こちらでは、捷運(ジエユィン)と呼びます。
チャージ式プリペイドカード「悠遊卡(ヨウヨウカ)」を使えば、いちいち切符を買わなくてもパスモやスイカのように改札を通ることができます。市内の主要スポットであれば片道NTD20~25なので、だいたい80~100円くらい。東京の地下鉄だと最短でも170円ですから、安いですよね。

MRTの車内では飲食禁止となっていて、水を飲んだり飴やガムを口に入れるのもダメだそうです。罰金が科せられるとのこと。
さらに最近は、マスクを着用していないと改札を通れません。改札にはサーモカメラが置いてあり、大きい駅になると係員が改札の横に立っていて、乗客をチェックしていました。
車内は、休日だったせいか結構混んでいて、東京なら「密だね」という状態。ただ、マスク着用率はほぼ100%です。
車体は割と大きくて清潔、よく見ると「川崎重工」のプレートが。ちょっと嬉しいですよね。

さて、向かった先は「台北101」。
台北101/世貿駅を降りると、ここは中山や西門の周辺とは異なり、まさにビル群。
幕張メッセみたいな感じです。大きな見本市会場もあって、アニメ関係のイベントに多くの人が集まっていました。うらやましい限りです。

台北は、1~2駅くらいなら歩いて移動できてしまうこぢんまりした街なのですが、エリアによってその表情が大きく変わる面白い街ですね。
いろんな要素がぎゅっと凝縮されているような。
まだまだ初心者なので、もっともっと見て、歩いて、探求したいと思います。

DSC_0273.jpg




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント