台北二二八紀念館を訪ねて


DSC_0408.JPG
台北の街を歩いていると、台湾総統府を始めとする日本統治時代の古い建築物がいくつも残っていて、歴史を感じることができます。
台湾の近代史は日本の存在が大きく影を落としている、そのことはよく知っているつもりでいたのですが、改めてレンガ色の欧風の建物を見ていると、台湾の歴史について自分自身があまりにも無知であることに気づかされます。
せっかく台湾で暮らすことになったわけですから、しっかり台湾の歴史についても勉強して理解したいと思っています。

MRT「台大醫院」駅を出たところに、「二二八和平公園」があります。
台湾で2月28日は「和平紀念日」、国の定めた休日です。
公園内には「二二八紀念館」というミュージアムがあり、1947年に発生した「二二八事件」についての歴史的資料と、虐殺されたり迫害を受けたりした人たちの鎮魂のためのアートが展示されています。

台湾は、1945年の日本の敗戦に伴い解放されましたが、その後中国本土からやってきた蒋介石率いる国民党政府による統治がずさんで抑圧的だったために、治安は悪化し物価は高騰、庶民の不満が高まっていきます。
1947年2月27日、闇たばこを売っていた寡婦に対し取締官が暴行、さらに取り囲んだ通行人たちに向け発砲し死傷事件に発展。翌28日、民衆は行政院長官公署を包囲し当該取締官の引き渡しを要求しますが、憲兵隊が民衆に向け一斉掃射、事態は悪化しました。
抗議する人々は、二二八事件の発生を台湾広播電台(台湾ラジオ放送局)から台湾全土に向けて伝え、民衆の蜂起は台湾全土に拡がりました。その放送局が、現在の二二八紀念館ということです。
DSC_0400.JPG
その後、国民党による援軍が台湾に上陸、全土で粛清・鎮圧が行われ、多くの台湾人が亡くなりました。さらに1949年からは戒厳令が敷かれ、人々の言論の自由は奪われ、多くの知識人らが反体制派として迫害を受けることになりました。この「白色恐怖(テロ)時代」は、戒厳令が解除された1987年まで38年間にも及んだのです。

二二八紀念館では、白色テロ時代に名誉を傷つけられ、命を落とした人々のことが、夫々の遺族によって語られているコーナーがあります。
一瞬、沖縄の「平和の礎」が思い浮びました。
現在の台湾の民主主義は、それこそ多くの人たちのかけがえのない命によって勝ち得たものなのだということが胸に迫りました。

台湾で民主化が実現してから30年以上が経ちましたが、まだ30年なんですよね。
古くなった歴史的な建物をリノベーションして文化財として後世に残すことで、台湾は民主化の歴史と向き合おうとしているのだと感じています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント