検疫隔離期間終了、你好台灣!

DSC_0206.JPG

ホテル隔離期間が終了しました!(パチパチパチ)
ホテルからは、写真のように検疫修了証書と記念品としてアメニティグッズをいただきました。

とはいえ、あと1週間は警察から健康状態に関する質問がショートメッセージとして届くし、地下鉄(MRT)とバスには乗ってはいけない、とのこと。仮釈放みたいなもんでしょうか。
それでも、外の風を感じられることは嬉しいものですね。やっと海外生活が始まったような気がします。

夫が先に入居して暮らしているアパートメントに到着し、さっそく荷ほどきして洗濯。
お昼前だったので、そのあとは食事と買い物に出かけました。

最近台湾では新型コロナの感染者が徐々に増えて死者も発生しており、春節を控え「厳重警戒」が呼びかけられていますが、繁華街では人出も多く、ほとんどの人がマスクをして歩いています。マスクといえば、供給が逼迫して購買制限がかかっていた時期に、IT大臣オードリー・タン氏が市内薬局のマスク在庫がわかるアプリを市民に提供して話題になりましたが、今はどこのお店でも箱単位で買うことができるみたいです。
公共交通機関に乗るときは、マスクをしなくてはいけません。地下鉄の改札にはサーモカメラが設置され、改札を通る人がマスクをしているかどうかチェックする人がいます。街のあちこちにポスターが貼られ、「マスクをしましょう」と大きく書かれたベストを着た人が歩いています。
国民の自発的な行動に期待するのではなく、「ルールを徹底的に守らせる」のであれば、このような対応が必要ということですね。日本ではできないことなんでしょうか。臨時雇用も生まれるんじゃないかと思うのですが。

ただ、コロナの感染を抑え経済成長率もプラスという成功例ばかりが喧伝されている台湾ですが、いいことばかりではないようです。行天宮近くまで行ったときに、ガイドブックにも必ず載っている「占い横丁」をちょっと覗いてみたのですが、店はほとんど閉まっていました。台湾も他国と同様、海外からの観光客は途絶えており、特に観光関連の産業は相当厳しいようです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント